最近は「妊活」より「卵活」が流行中!?

mamanic

妊活は、今後妊娠するために妊娠しやすい体作りやタイミング、妊娠するために必要な活動のことを言いますが、卵活とはいったいどういう活動なのでしょうか?

 

まだ耳慣れない言葉かもしれませんが卵活は今少しずつ話題になってきている活動なのです。

 

 

今話題の『卵活』って何?

 

卵活とは、将来妊娠を望む女性が若いうちに元気な卵子を採取して保存することを言います。

 

方法としては卵子凍結保存法が挙げられます。

 

実はこの卵活は、今までなら不妊治療中の既婚者の女性で子宮がんによる治療で健康な卵子を維持できない女性にのみ認められていたそうですが、2015年以降から未婚の健康な女性でも卵子を保存しておくことができるようになったのです。

 

不妊の原因として、卵子の老化が挙げられますがこの卵子の老化で妊娠が難しいというようなケースを防ぐために、卵活が行われるようになってきました。

 

結婚が35歳以降で遅くなってしまった場合、卵子の老化がすすんでいて妊娠が難しくなったというようなことも少なくありません。

 

最近は女性も社会的地位を持ち、ずっと働ける時代ですので、年齢だけで妊娠を焦ってしまわなくても済むように、保険をかけておく女性がふえているようです。

 

卵活は何歳までできるの?

 

日本生殖医学会と呼ばれる日本の生殖医学・医療の基盤を担う学会も卵子凍結保存を認めるガイドラインを発表しました。

 

今後妊活に取り組む女性はもっと増えてくるのではないでしょうか?

 

ガイドラインによりますと、未婚の女性でも可能になったほか、年齢制限が決まっています。

 

対象は成人女性で、採取時の年齢は40歳未満で、また凍結保存した卵子を使用する場合には45歳までと決まっています。

 

卵子の老化の心配もなし!計画の1つとして!

 

mamanic

卵子を凍結させる方法はテレビなどで昔みたことがありましたが、今ではどんな人でも卵子を保存しておけるのですね!びっくりしました!

 

でも晩婚化の昨今、こういった方法は女性にとってありがたいことでもありますよね。

 

仕事をしていてなかなか結婚できない、子供を作れないという方もたくさんいると思いますし、結婚を避ける女性もいるなか、こうした卵子凍結保存が可能なら安心してお仕事ができますよね!

 

なにより若くて健康な卵子を残しておけるので、年齢を重ねてから妊活を始めるより妊娠力も高いですし、より安心ですよね。

 

いかがでしたか?今まで卵活という言葉を知らなかった方も、卵活に興味を持たれた方もいるのではないでしょうか?
ぜひ将来のために卵活をしてみませんか?

 

 

 

 

 

更新履歴