「卵活」を結婚前にする人もいるって本当?

mamanic

卵子を凍結保存して出産に成功した例はオーストラリアで1986年に初めて成功しました。日本では1989年に初めて成功しています。

 

歴史は長くありませんが、卵子凍結の代表的な手法である「ガラス化保存法」は世界で100万症例以上あるのです。

 

本来は卵子凍結を行う人は、抗がん剤早発閉経など医学的な問題で妊娠が難しい女性に行われてきた技術です。

 

18歳で悪性リンパ腫になり卵子凍結保存をし、12年後に凍結卵子で子供を出産したという例もあります。

 

しかし最近では未婚での卵子凍結が増えているそうです。
病気で仕方なく卵子凍結を行うのではなく、医学的に問題がなくても未婚の女性が将来の妊娠対策として行うのです。

 

なぜ未婚の女性が「卵活」をするの?

 

なぜそんなことをするのか?

 

それは女性の卵子の老化が最近知られるようになったからです。

 

女性の卵子は体内で生産されないので、原子卵細胞と言う卵子の元が生まれたときから約200万個体のなかにあるのです。
これが月経のたびに約1000個ずつ減少していくのです。そして体内の卵子は徐々に減少していきます。

 

そして卵子は減少するだけでなく、老化もしていきます。
卵子は30歳前後から徐々に老化していき、受精しにくくなり妊娠率が下がります。
その他にもダウン症などの染色体異常の確率もアップしていきます。

 

こういったことから近年晩婚化の時代なので、女性たちは自分の卵子を若いうちに凍結保存して将来のために残したいと考えるようになったと思われます。

 

実年齢よりもずっと若い卵子で妊娠出来れば、染色体異常の確率も下がりますし、リスクも下がりますよね。

 

そして2013年には日本生殖医学会が、未婚女性の卵子凍結についてのガイドラインを出すなど社会的にも認められてきています。

 

ただ一方では2015年には日本産科婦人科学会が未婚女性の卵子凍結を推奨しないという文章をまとめるなど、反対の意見もあります。

計画的な妊活・少子化対策などになります

 

mamanic

 

社会的には、少子化対策などからこういった未婚女性の「卵活」が増えているのが実情のようです。

 

未婚で卵子を凍結保存するということは、まだパートナーがいない状態で保存するため、将来的にパートナーにそのような話をしなくてはいけないですよね。

 

自然妊娠を普通と考える人も多いので、女性のように理解してくれるかは微妙ですよね。

 

できれば普通に性生活をして授かりたいと思う男性は多いのではないでしょうか?

 

未婚で卵活をする女性が増えるなか、それらを理解してくれるパートナーと出会えるかもポイントになってくるのではないでしょうか?